ヒゲ脱毛は痛い?

ヒゲ脱毛は痛い?

ヒゲ脱毛をした人に話しを聞くと、脱毛はけっこう痛い!と皆 口をそろえていいます。

 

そんなに痛いのに、なぜするのだろう?と思ったこともありますが、おしゃれには我慢も必要ということでしょうか・・・

脱毛の方法によって痛みの感じ方も違う

脱毛の種類によっても痛みの感じ方が全然ちがうらしいです。

 

メンズ脱毛サロンが主流で行っている光脱毛、医療クリニックで行うレーザー脱毛、毛穴に絶縁針を入れて行うニードル脱毛の3つの方法がヒゲ脱毛に使われていて、痛みが1番強いのがニードル脱毛、次がレーザー脱毛。1番痛みを感じにくいのが光脱毛と言われます。

痛みを緩和する方法もある

脱毛サロンなどでは、ヒゲ脱毛の前にクーリング(冷やす)したり、冷たいジェルを塗布して施術時に感じる痛みや熱さを緩和させてくれます。

 

また、医療クリニックでは麻酔を使用することも可能。
塗る麻酔や、笑気ガス麻酔で痛みを感じにくくすることができます。

痛みを感じにくい脱毛機があるらしいが?

一部のクリニックで導入されている最新脱毛機「メディオスター NeXT RPO」

 

この脱毛機は男性の太くて黒い毛の脱毛でも痛みが少ない!と評判。
なぜ、痛みが少ないのか?

 

それは、脱毛される仕組みが根本的に異なるからなんです。

レーザー脱毛のメカニズム

レーザー脱毛機は、ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーのメラニン色素に反応する特性を利用し、毛根にある毛乳頭や毛母細胞をを熱破壊することで、脱毛を可能にしてきました。

 

また、毛の成長期に脱毛すると効果が現れるので、毛周期に合わせて脱毛していくことが不可欠で、2ヶ月おきくらいに通う必要があります。

「メディオスター NeXT RPO」脱毛のメカニズム

「メディオスター NeXT RPO」は、毛根と表皮の間にある発毛因子 バルジ領域にある毛包幹細を、従来よりも低いパワーのレーザー(810nm)を蓄熱式で破壊させ、毛の再生をできなくします。

 

「メディオスター NeXT RPO」は毛周期に影響がないので、照射回数も少なくて済みます。

 

痛みが少ない理由は、パワーの弱いレーザーを10倍以上のスピードで何十回も照射する蓄熱式という方法だからです。
刺激を与えず、ジワジワとダメージだけ与える事ができるので、痛みが少ない脱毛機を言われているのです。

 

また、日焼けした肌でも、産毛や細い毛など様々な毛質にも対応しているのも「メディオスター NeXT RPO」の特長です。